モットンのセミダブルサイズとシングルサイズで迷っている人への助言

モットンの口コミ

高反発マットレスで有名なモットンのセミダブルサイズは、縦195㎝×横120㎝です。

縦の長さはシングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズとも同じ195cmで、横幅がサイズによって違うだけです。

シングルサイズの横幅は97cm、セミダブルサイズは、それより23cm大きい120cm、ダブルサイズは、それより20㎝大きい140cmです。

モットンセミダブルサイズのスペック

厚みは全サイズ同じで10cm。重さは約9㎏あります。

9㎏と聞くと重く感じる方も多いと思いますが、マットレスは普通の布団と違って、持ち上げてベランダに干したりはしませんよね。

直射日光は素材のウレタンフォームが痛むので避けた方がいいと思います。

モットンは通気性がいいので、風通しのよい場所に立てかけておくだけでOKです。

壁に立てかける時はモットンの一辺を床につけたまま、反対側を壁に倒すだけなので、ほとんど重さは感じないと思います。

私の感覚からすると、普通の布団をたたんで「よいしょ」と持ち上げて、押し入れに入れる時の方がよっぽど重く感じるし、腰にきます。

モットンは、そういう意味でも腰に優しいと言えますね。

モットンのセミダブルサイズがオススメなのは、どんな人?

体格がよすぎてシングルサイズでは小さく感じてしまう人、寝相が芸術的なほどに悪い人(大丈夫。モットンはどんな寝相でも、ちゃんと受け止めてくれますよ!)お子さんと添い寝してる人、子供たち、ラブラブなカップル(うらやましい・・・。)

どんな人にもモットンはオススメですが、私がセミダブルサイズを特にオススメするのは、モットンの腰痛改善効果を最大限に感じたい人です!

 

モットンのセミダブルサイズを、あなたにオススメする理由

モットンの腰痛改善効果を最大限に感じるとはどういうことか?つまり、いかに身体をリラックスさせて寝返りをうたせるか、ということです。

人間は、一晩寝てる間に寝返りを20回から30回ぐらい繰り返すそうです。

床や布団に寝転んでやってみるとわかりますが、右に左にと何回も寝返りをうってみると、意外にスペースをとることに気づくと思います。

普通は寝返りをうった時、左右20cm位の余裕があれば大丈夫と言われてるので、自分の体の横幅プラス40㎝ぐらいのスペースがあれば、楽に寝返りが打てて、なおかつマットレスから落っこちない計算になります。

 

皆さんの体の横幅はどれくらいでしょうか?

日本人の平均肩幅は成人男性が約40cm、女性は約36㎝ぐらいです。体の横幅に先ほどの寝返りスペース40cmを足してみると、男性が80cm、女性は76cmになります。

こうしてみると、モットンのシングルサイズは横が97cmなので充分余裕があるように見えますね。

でも待って下さい。

これは、ビシッと両手をまっすぐ体の脇につけて「気をつけ」の姿勢をとって寝てると仮定し
た状態です。

そんな格好で寝てたら肩こりが治るどころか、悪化しちゃうんじゃないでしょうか。

寝てる時は、もっとみんなリラックスして、両手を身体から適度に離してるのが普通ですよね?

 

そう考えると、女性の私でもプラス30cmぐらいの余裕が欲しいところ。男性は仮にプラス40cmとして、さっきの数字にそれぞれ足していくと、男性が120cm女性が106cmとなり、それに合うモットンのサイズはセミダブルサイズということになります。

これが私がモットンのセミダブルサイズをオススメする理由です。

モットンのセミダブルサイズって、いくらするの?

セミダブルサイズの値段は希望小売価格、69800円(税込)ですが、モットンの公式サイトで買うと今なら2万円引きの49800円で買えますよ!(平成30年4月30日までのキャンペーン期間中のみ)3割引は大きいですよね。

どうせ買うなら安い方がいいに決まってるので、あなたもモットンを買う時は、ぜひ公式サイトからどうぞ♪

ちなみにモットンは90日間使ってみて、自分には合わないなと思ったら返品してくれる90日間返金保証制度があります。

ただし、このお試し期間があるのも公式サイトから購入した人だけ。

Amazonや楽天などで購入した場合は返金保証制度はありませんのでお間違えなく!

安く買えて、なおかつ90日間使ってみてダメだった場合は返品OK、という魅力的な制度を使わない手はないですよね。モットンを買う時は公式サイトから、が鉄則です!